緊急情報

災害が発生しています!

  • ただいま帰宅困難者対策訓練中です。 災害は発生していません。

緊急情報

  • 平成29年11月14日 08時33分 【J-ALERT(ジェイ アラート)全国一斉情報伝達訓練のお知らせ】平成29年11月14日(火)午前11時頃、区内の「防災行政無線」から全国一斉試験放送が流れます。

お知らせ

  • 平成29年11月14日 08時33分 【J-ALERT(ジェイ アラート)全国一斉情報伝達訓練のお知らせ】平成29年11月14日(火)午前11時頃、区内の「防災行政無線」から全国一斉試験放送が流れます。
トップ > 防災知識・心構え > 屋外にいたら

屋外にいたら

ゆれを感じたら(頭を保護し、危険なものを避ける)

ブロック塀が倒れたり、窓ガラスや看板が落ちてきます。

ゆれを感じたら低い姿勢をとり、かばんや上着、お店の買い物かごなどを使い、頭を守りましょう。

まわりの様子に注意して、ゆれで倒れたり、移動したりするものがある場合は、できるだけその場から離れ、安全な場所(ものが倒れてこない空間など)に身を寄せましょう。

ゆれがおさまったら(係員の指示に従い行動する)

ゆれがおさまったら、今いる場所の危険(割れたガラス、倒れた物品、火災など)を確認してから行動を始めましょう。

大勢の人が集まる場所では、パニックが起こる可能性があります。係員がいる場合は、その指示に従い、冷静に行動しましょう。

行動する際には

行動する際には、割れたガラスなどによるケガを防ぐため、手を着く場所や足を置く場所に注意しながら行動しましょう。

正しい情報の入手を

テレビ、ラジオの報道や行政から発信される情報など、信頼性の高い情報を参考にし、デマにまどわされないようにしましょう。

報道機関、区市町村、消防・警察などからの情報には、たえず入手しましょう。

不要、不急な電話は、かけないようにしましょう。

余震について

最初の大きなゆれがおさまった後も余震が続くかもしれません。大きな商品やショーケース、窓ガラスには近づかないようにしましょう。

避難の誘導について

警備員や駅員など、避難の誘導をしてくれる人がいる場合には、その指示に従います。