緊急情報

災害が発生しています!

  • ただいま帰宅困難者対策訓練中です。 災害は発生していません。

緊急情報

  • 平成29年11月14日 08時33分 【J-ALERT(ジェイ アラート)全国一斉情報伝達訓練のお知らせ】平成29年11月14日(火)午前11時頃、区内の「防災行政無線」から全国一斉試験放送が流れます。

お知らせ

  • 平成29年11月14日 08時33分 【J-ALERT(ジェイ アラート)全国一斉情報伝達訓練のお知らせ】平成29年11月14日(火)午前11時頃、区内の「防災行政無線」から全国一斉試験放送が流れます。
トップ > 防災知識・心構え > 徒歩帰宅のポイント

徒歩帰宅のポイント

徒歩帰宅のポイント

大規模地震のときは、公共交通機関の復旧に時間がかかることが予想されるため、徒歩での帰宅が基本となります。慣れない経路を長時間歩くときに頼りになる帰宅支援マップを日頃から携帯しておくと良いでしょう。

1日(約8時間)で歩ける距離は、一般的に20キロ程度と言われています。
体調等により、徒歩による帰宅が限界となった場合は、付近の「避難場所」(大きな公園、広場など)や、コンビニなどの「災害時帰宅支援ステーション」などで、休息してください。

災害時帰宅支援ステーション

水の補給やトイレの利用のため、「災害時帰宅支援ステーション」を活用しましょう。

コンビニやガソリンスタンド、ファーストフード店などの「災害時帰宅支援ステーション」では、①水道水の提供 ②トイレの使用 ③道路に関する情報など、可能な範囲で徒歩帰宅を支援します。

帰宅のタイミング

安全が確認されたら、明るい時間帯を選んで帰宅します(夜間の移動は危険を伴います)。

帰宅する際には、通行可能な経路や使用可能な交通機関を十分に確認した上で、余震等による二次被害に注意しつつ、行動しましょう。