緊急情報

災害が発生しています!

  • ただいま帰宅困難者対策訓練中です。 災害は発生していません。
トップ > 防災知識・心構え > ケガをしたときは

ケガをしたときは

手当の前に

自分が今いる場所の様子を確認し、危険がある場合には速やかに安全な場所へ移動します。

人が倒れていたら

ケガ人の応急手当をするときは、「周囲の人の協力を求める」「自分の手をゴム手袋やビニール袋などで覆い、相手の血液や傷口に直接触れない」ことを心がけましょう。 大量に出血している場合や足を骨折して移動が難しいといった場合には無理をせず、まわりの人に声をかけて助け合いましょう。

閉じ込められた場合

壊れた建物などに閉じ込められた場合には、まわりのものを叩くなどして音を出し、人がいることに気付いてもらえるようにします。

出血がある場合

腕や足、頭などをケガして、出血している場合には身の回りにあるガーゼや清潔な布で傷口を強く押さえます。

骨折した場合

腕や足を骨折した場合には、折れた箇所に添え木になるものをあて、折れた骨の両側の関節と添え木を布やガムテープなどで固定します。

救助や救命の資材

救出用の資機材やAEDは、避難所にも配備してあります。必要なときは遠慮なく使用してください。

AEDは、区のスポーツ施設や福祉施設などにもあるほか、区施設以外については「AED設置場所検索」のホームページで検索することができます。